古代ギリシャへタイムスリップ


投稿者 : aileen

本日も地中海らしい快晴。アテネ観光へと繰り出すとしましょう。日陰は涼しいですが陽射しは強いので日焼け止めをしっかり塗り、サングラスを装着して出発です。

まずは街中の公園をプラプラ歩いていると、公園には女神像が。ここアテネのシンボル的女神、アテナです。アテネの街を外敵から睨みを利かせて見守るような勇ましい姿で塔の上に立っています。美しく賢い戦いの女神とはカッコイイ!

アテナ像

さて、アテネでの観光と言われてまず思い浮かべるのはパルテノン神殿。古代ギリシャ遺跡が集まるアクロポリス遺跡の山頂にそびえ立ちます。これぞギリシャといった感じです。さっそく写真に収めようとぬいぐるみを出してカメラを構えると係員が何やら駆け寄ってきました。

「あーダメダメ、ぬいぐるみは駄目よ。No toys!」

なんですと?!ぬいぐるみとの撮影禁止とな??しかし周りを見渡すと、普通に記念撮影をしている人達が。人との記念撮影は良くて、ぬいぐるみが何故いけないの?そんな変な規則あるのかなあ?と、他の場所でもう一度トライしてみましたが、やはり係員がすぐ止めに来てしまいました。

何だか不思議な決まりですが、禁止事項として係員の間では明確になっているようです。うーん、残念ですが仕方ありません。風景だけの写真で我慢しましょう。

パルテノン

神殿は遠くから見ると縦横の直線で形成されているように見えますが、よく見ると柱の下部が少し膨らんだ形状になっていたり、垂直ではなく神殿の中央に向かって傾いて立っていたりします。そういえば法隆寺の柱も、この古代ギリシャ発祥の建築方法を用いて建てられたと習いました。海の遥か向こうの文化とも、そんな昔から繋がっていたのですね。

神殿の近くまでいくと柱がところどころ白くまだらになっているのが見えます。実は当時の姿をよみがえらせようと修復中で、修復した部分が白いのです。おや?写真の左下をみるとアジア系の女神様がポーズを取っていますね。さすが有名な世界遺産なだけあって近くのスペインやイタリアをはじめアジア各国からもたくさんの観光客が訪れていて様々な言語が飛び交っています。

パルテノン2

古代ギリシャの神々と交信したところで、お次は古代の賢人達に会いに行くとしましょう。アクロポリス遺跡の北西に古代アテネの中心地として栄えた古代アゴラがあります。もちろんこちらにも立派な神殿があります。

パルテノン神殿がアテネの守護神アテナを祀っているのに対して、この神殿は鍛冶を司るヘファイストスが祀られています。哲学者のソクラテスやプラトンをはじめ古代の賢人たちが集まって日夜議論を交わしていたのでしょうか。ポーカープレイヤーも集まると延々とポーカー談義を繰り広げるので同じような感じなのでしょうね。

ヘファイストス神殿

ひとしきり古代の遺跡を巡った後にぬいぐるみ写真の件を調べてみましたが、はっきりしたことはわかりません。どうやら、神聖な像や遺跡を侮辱した写真を撮ることは禁止されているそうです。彫像と同じポーズで写真に写ることも、神聖な像を茶化しているととられることがあるとか。ぬいぐるみもそのように受け取られるのかもしれません。さじ加減が良く分かりませんが、ギリシャ滞在中は気を付けるようにしたいと思います。

このくらいは許してもらえるかな?アクロポリスを遠くから眺める我ら二人。

ぬいぐるみとパルテノン

立派な遺跡の数々を巡った締めは、考古学博物館に。これでもか!!ってぐらい立派な彫刻やブロンズ像、遺跡からの出土品の数々が展示されていてカフェで途中休憩を挟まなくては見終えられないぐらいでした。

ここでは思わず、プッと笑ってしまうような彫刻を紹介。牧羊神であるパンが美と愛欲の女神アフロディーテにちょっかいを出そうとしてサンダルで叩かれそうになっているもの。二人の間にはアフロディーテの息子である天使エロスが応戦するようにいます。大阪の難波辺りでナンパしている光景を思い浮かべてしまいます。

パン「ねぇねぇ。二人っきりでデートせーへん?」

アフロディーテ「ちょっと!何気安く触ってんねん。サンダルでしばくで?」

エロス「ママンにちょっかい出すなや!」

といったところでしょうか。

スリッパぺシン

立派な大理石像でお腹がいっぱいになったところで、気分転換にアテネの市場を覗きに。新鮮そうな野菜と果物を売る青果店をはじめ、ギリシャの特産品オリーブ専門店が並びます。驚くべきはその種類!小豆色から黄緑、黄土色に黒。こんなにもあるのですね。まるでお正月の市場で売られている煮豆のように山盛りです。レストランでパンにオリーブがついてくることから日本でいうお漬物と同じ位置づけといったとこでしょうか。もちろん青果コーナーの他にも精肉コーナーもあります。肉好きaileenには外せません。鶏肉や豚肉もありますが一番目立つのは羊。臭みは少なく柔らかく旨味溢れるらしいので夜に食さねば♪

オリーブ

遺跡と博物館巡りでお腹も空いてきたのでギリシャ料理とビールを楽しむべくタベルナへ。夜10時過ぎでもこの賑わいです。駅から食堂街への人の流れが途絶えることはなく凄い賑わいです。ギリシャの夕食ピークは夜9時というから、日本より結構遅めですね。そりゃお店が朝開くのもゆっくり目なはずだわ。

タベルナ夜

これにてアテネの観光は終了。明日は一泊でギリシア中部へと向かいます。

アクロポリス遺跡に住むにゃんことご挨拶

にほんブログ村 旅行ブログへ

挨拶

  • 目次

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • 最近のコメント

  • 旅行ブログランキング

    にほんブログ村 旅行ブログへ
  • メタ情報